ホーム » 過去のイベント » 韓国農村地域活性化日本視察団受け入れ

お問合せ

特定非営利活動法人
白神自然学校一ツ森校
事務局
住所:〒038-2723
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字一ツ森町字上禿88-2
tel:0173-82-7057
fax:0173-82-0015
e-mail:school@shirakami.gr.jp

韓国農村地域活性化日本視察団受け入れ

8月22日(金)韓国の、国内外で農業農村関連の研究及び教育を行っている「地域アカデミ- 國際交流情報センタ-」の一行11名を受け入れて、白神自然学校が取り組んでいるグリーンツーリズムの取り組みの勉強会を開催した。初めに青森県の構造政策課の担当から、青森県の農業事情と、グリーンツーリズムの現状について説明があり、その後に、大谷太智雄校長から、地元での自然学校の雇用状況について話があり、最後に自然学校の永井雄人代表から、白神自然学校の取り組みをパワーポイントを使い説明した。
その後、自然学校内の施設内を見手あるき、その後に、農家レストランで、「白神膳」の食事をたべ懇談して、この日の宿泊地である青森市に移動した。
視察団の目的は、韓国の農村社会の課題でもある農産物自由貿易、高齢化問題などで限界集落が増えるなど様々な問題が出てきており、同じ問題を抱えている日本の現地調査ということで、この問題についてどのように対応し、農村を活性化しているのかを理解する目的で訪日した。
地元の婦人会を中心とした農家レストランのチームが一生懸命迎え入れ、お見送りすることができた。

参加者は下記のとおりです。これに通訳のキムさんが入りました。

  1. CHOI・SIKIN 京畿農村活性化支援せたー (協成大學校 教授)
  2. KIM・KISUNG 江原農村活性化支援せたー (江原大学校 教授)
  3. JUN・IKSU 忠北農村活性化支援せたー (忠北大學校 教授)
  4. KIM・DOOSOON 忠南農村活性支援せたー(事務局長)
  5. JEONG・AHNSEONG 全北農村活性化支援せたー (全北大学校 教授)
  6. LEE・JONGHWA 全南農村活性化支援せたー (全南大学校 教授)
  7. JANG・WOOWHAN 慶北農村活性化支援せたー (慶北大学校 教授)
  8. HA・HYUNJUNG 慶南農村活性化支援せたー (事務局長)
  9. KO・SEONGBO 濟州農村活性化支援せたー (濟州大学校 教授)
  10. YUN・JUNGSIK 農林畜産食品部 地域開発課 係長


熱心な質問が多かった。特に都市と地方の格差問題や、国策としての農業や、FTPという輸出問題が深刻だ。


この日提供された「白神膳」は大変美味しいという評判を頂いた。韓国の人の口に合うかどうかと心配したが、みなさんおいしいと言われ、特に鮎についてとても関心を寄せていた。

白神アロマをネットで購入

白神の四季シール完成販売中

白神の四季シール完成販売中

白神山地の四季のブナを中心とした植生の姿を、春夏秋冬バージョンのシールとしてまとめた「白神山地の四季シール」を発行しました。