ホーム » 過去のイベント » 2013全国廃校活用現地セミナー(東北地区)in宮城開催報告

お問合せ

特定非営利活動法人
白神自然学校一ツ森校
事務局
住所:〒038-2723
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字一ツ森町字上禿88-2
tel:0173-82-7057
fax:0173-82-0015
e-mail:school@shirakami.gr.jp

2013全国廃校活用現地セミナー(東北地区)in宮城開催報告

写真1写真2写真3写真4写真5写真6


廃校活用セミナーは、9月5日、南三陸町のさんさん館の体育館で、東北6県からの事例発表で展開された。文化活動拠点として利用されている廃校もあれば、自然体験の活動拠点や・地元の食を提供する場になっていたり、地域のコミュニティー施設として改修されていたり、福祉関係の施設として利用されていたり、さまざまである。
セミナーは事例発表・そして、パネルディスカッションと展開された。廃校利用の際の諸課題について、様々な質問がでて、事例発表者からと、顧問の井上弘司さんからもコメントが述べられる展開だった。廃校はいずれにしても、その地域の懐かしの場であると共に、一等地として君臨する。その廃校をうまく地域活性化に利用することは街づくりにとっても、とても大切であるという事がこの日の大きな結論でもあったような気がする。参加者は行政の職員から、廃校を利用して何か事業をしたいと考えている人達で一杯になっていた。今回、白神自然学校一ツ森校から、永井雄人代表が参加をし、白神山地で展開している旧鰺ヶ沢町立一ツ森小学校を利用した、NPO法人白神自然学校一ツ森校の事例発表を行った。

写真7写真8写真9写真10写真11写真12写真13写真14


廃校活用セミナー終了後の懇親会は大変盛り上がった。三陸の海の幸はとても美味しかった。これだけ多くの廃校が、東北にもあり、活用されている話が盛り上がった。東北の酒と共に秋の味覚もふんだんに提供された。さんさん館のお母さん達の味はとても懐かしかった。過去に3回ほど訪れていたので、手作りのおにぎりは特に、美味しかった。

写真15写真16写真17写真18


南三陸町のさんさん商店街はまだ、プレハブの仮設で営業されていた。コンビニも同じである。まだ、たくさん残っている瓦礫の山と、住宅地の基礎部分だけが、残骸のようにあり、雑草だけがぼうぼうと生えていて、ここに街があったのかなと思わせている。
まだまだ、進んでいない復興現場、津波からもう3年もたとうとしている。もう少しスピードがほしいと感じてきた。

白神アロマをネットで購入

白神の四季シール完成販売中

白神の四季シール完成販売中

白神山地の四季のブナを中心とした植生の姿を、春夏秋冬バージョンのシールとしてまとめた「白神山地の四季シール」を発行しました。