ホーム » お知らせ » 津軽発祥の始祖、大浦光信公の古道を歩くツアー第二段開催報告

津軽発祥の始祖、大浦光信公の古道を歩くツアー第二段開催報告

 7月19日(日)9時に光信公の館前の駐車場に集合した、参加者20名は、ラジオ体操した後に光信公の館の特別展示を見学し、種里城の史跡や、光信公の出兵に思いをはせ、施設見学を楽しんだ。
 約40分程度の施設見学を終えて、一路、小森橋を通り地区の村社、熊の神社の前で、光信公が鬼袋から、川を渡ってここに出てきた話しをしました。
 そして、小森林道に入っ行ったら、小雨が落ちてきて、あれよあれよで雨粒が大きくなり、古道を歩いている間降ってました。しかし、黒森の出口に着くと「ぱっと」雨が止み、参加者全員、大喜びです。
 この日は、その後に黒森の「殿様の井戸」で、水のわき出でる冷たさに、記念撮影などをして、元の種里城駐車場までもどり、名物「種里城弁当」を食べました。
 参加者はとても楽しかったと述べ、次回の開催日はいつですかと聞いてきました。
 次回は9月頃に開催予定で、白神自然学校のホームページのカレンダーでご案内します。

kodou2020.02-(3)

kodou2020.02-(2)

kodou2020.02-(1)

kodou2020.02-(4)

現在、光信公の館では入部530年記念展示が行われてたいて、参加者は古道探索の前に施設見学で知識を満タンにした。

kodou2020.02-(5)

kodou2020.02-(6)

kodou2020.02-(7)

kodou2020.02-(8)

kodou2020.02-(9)

kodou2020.02-(10)

kodou2020.02-(12)

kodou2020.02-(11)

kodou2020.02-(13)

kodou2020.02-(14)

kodou2020.02-(15)

kodou2020.02-(16)

種里城弁当のご注文はこちら

白神アロマをネットで購入

白神の四季シール完成販売中

白神の四季シール完成販売中

白神山地の四季のブナを中心とした植生の姿を、春夏秋冬バージョンのシールとしてまとめた「白神山地の四季シール」を発行しました。

NEW





定住推進バンク



農家レストランしらかみ

みんなで止めよう温暖化

オンライン寄付サイト Give One

JAL 新JAPAN PROJECT
This website is written in multiple languages, please switch to the notation of each country and see